2014年 旧正月|どんな日?海外では旧正月にはこんな事してるよ

旧正月とはどんな日

明治以前の日本の正月は、現在の多くのアジア諸国と同様に、「旧正月」と呼ばれている陰暦の日付で行われていたようです。
明治政府の様々な都合での欧米に倣う「太陽暦」の導入には、かなりの無理があったようですが、なにはともあれ明治6年1月以降は新暦での1月1日が新年と定められました。
農業関係者からは多くの不満があったようですが、暦を販売する業者等を、『旧暦の大小暦の発行独占権』を契約金を納める形で押さえ、新暦変更に踏み切ったため、都市部では仕方なく従ったようです。

太陽暦・西暦の変更のみではなく、明治政府はそれまでの尺や里をメートル法に改めてもいますが、私の知るところでは、和服の仕立て・大工仕事など、職人の「和の仕事」には尺貫法はまだ使用されています。
それと同様に、日本でもいまだに昔の陰暦使用の「旧正月」は地域的には残っているようですが、日本全体で見た場合には、『正月』は太陽暦・西暦の1月1日で定着しています。
一般的な『正月』が定着したことで、明治以前の「正月の日付」は『旧正月』と呼ばれるようになったのでしょう。

最初こそ中国からの伝来だったのでしょうが、古来から存在した旧暦を使用する場合には、『旧盆』などの呼び名を用いるようです。
本来の旧暦は様々な方法から、日にちにかなりのズレが生じるようで非常にややこしいのですが、日付だけ新暦にあわせたご都合主義の方法で計算したため、1ヶ月遅れの行事が多くなっています。
「旧盆」などがその例ですが、簡単な解決法での行事はなんとなく慣例になっていて、旧暦の行事は1ヶ月遅れと思いがちです。

しかし、『旧正月』だけは、近隣の国をみても大幅に日にちが動いているようです。
頭だけの理解では、旧暦と呼ばれる太陰暦は、二十四節気の立春前後の新月の頃を1月1日としていること。
1年の長さが、12ヶ月354日から13ヶ月384日になるのだそうです。
当然旧暦の1月1日は、太陽暦・新暦とは一致しないのですから、毎年ずれてくる訳です。

1月22日から2月19日ごろまで、毎年移動するのだそうです。
頭で理解するよりも、長い間旧暦に馴染んできた国の習慣に倣えばよいことですし、日本でも旧暦の暦はありますから、調べることは出来ます。
ちなみに2014年の「旧正月1月1日」は、1月31日なので月遅れに近い日付になっています。

海外の旧正月

中国大陸、台湾、韓国、ベトナム、モンゴルでは、『旧正月』は最も重要な祝祭日のため、新暦の正月より盛大に祝っているようです。
もっともアジアと言っても時差はあるので、日本とベトナムでは日付が異なることもあり、モンゴルの場合では中国歴とは別のモンゴル歴のために、他のアジア諸国とは異なってもいるようです。

中国では、この「旧正月」を『春節』と一般的に呼んでいますが、新年・大年・農歴新年・元旦などともいわれています。
1911年の辛亥革命の翌年、「中華民国の成立」に合わせて太陽暦・新暦が採用となり、元旦は新暦の1月1日に移動しました。
日本と同様な大きな変更があったのですが、旧暦(農暦})の1月1日は「春節」と改名され、2013年はその百年記念だったようです。

春節に伴う民族の大移動は、「春運」などと呼ばれて日本でもニュースになりますから、旧暦の正月は名前が変わっても定着しているということでしょう。
旧暦の大晦日の夜のテレビ番組は、「春晩」とも呼ばれるそうですから、日本の大晦日のテレビと同じですね。
日本の中華街などでも「春節」を祝う行事は、爆竹もにぎやかに華やかに行われています。

「旧正月」が休日となっている国も多く、中国・韓国・北朝鮮・ベトナム・シンガポール・マレーシア・インドネシア・ブルネイ・モンゴル等。
休日が1日だけではなく、日本の正月同様に何日かにわたる国もあります。
中国本土は、旧暦の大晦日から7連休と長く、「春運」は当然の結果なのでしょう。
香港やマカオは新年の3日間、台湾は新年の5日間、韓国は大晦日から3日間、ベトナムも大晦日から4日間です。

日本とベトナム・モンゴル以外の国は、旧暦の計算法に「中国標準時」を使用するため、「旧正月」は常に同じになるそうです。
モンゴルでは、暦がラマ教の宗教行事などに使用されているもののため、宗教的な計算もあって、常に前年に発表されています。
我が家では、中国とモンゴルに知人がいるため、「年賀の挨拶状」のやり取りをしていますが、我が家の差出日は新暦の1月1日に、頂くのはそれぞれの新年に合わせて届きます。

世界各地で、西暦ではない新年を祝う所もいろいろありますが、アジア以外では「正教会」がそうです。
ロシア正教会、エルサレム総主教庁、グルジア正教会、セルビア正教会等で、1月14日を正月としているそうです。

その他の各国や宗教によっても、様々な正月の迎え方がありますが、面白いのがシンガポールとマレーシアです。
年4回も正月を祝うそうですが、それは4つの暦(ヒンズー・イスラム・旧暦・新暦)があるためのようで、忙しいことでしょう。
イランは春分の日が、タイでは太陽が白羊宮に入る4月13日が正月に当たるそうです。



応援お願いします!




家事時短テク集
重曹の使い方

この時期に気になる情報

冬のこの時期だからこそできるだけ煩わしくしたくない私が気になる冬の事を紹介しています。

  • 栗の保存方法

    秋の味覚といえばコレといわれるくらい人気の高い食材の「栗」一度にたくさん手に入れた時に保存する方法、なんと家庭でできる美味しさアップの方法も紹介♪

  • 柿の保存方法

    秋を代表する味覚、お酒の二日酔いなんかにも絶大な効果を発揮してくれるという効果も、柿が苦手という人もいらっしゃいますが、嫌いな私でも食べれた柿を紹介しちゃいます。

  • キウイの保存方法

    プチプチ触感のキウイ、保存の仕方に興味を持つまでは旬が秋だとは知らなかったのですが、この美味しい物を見分ける方法があるんです!

  • さつまいもの保存方法

    焼いてよし、スイーツにしてよしのこの時期にはたまらない味覚のさつまいも、芽がすぐ出ちゃうのを防ぐ方法とやってはいけない保存の仕方を紹介しています。

  • 里芋(さといも)の保存方法

    故郷の料理などでたまに食べたくなる食材ですが、日本料理の歴史でも大事なやくわりの里芋(さといも)簡単に皮をむくにはアレを使うと大変便利!

  • 大根の保存方法

    煮たりおろしたりと和食のイメージにぴったりの食材ですね。辛さを出さないために必要なことはなんでしょう?

  • 生姜(しょうが)の保存方法

    寒くなるこの季節に体を暖めてくれる生姜、できれば長持ちさせたいですね。

  • 妊娠超初期症状

    妊娠すると体に様々な変化がでます。そのことを妊娠超初期症状というのですがどんな症状でしょうか?

  • マタニティフォト 福岡

    妊娠をしておなかが大きくなってきたら収めておきたいマタニティフォトを福岡で撮影葛藤しています。

  • 生理痛

    毎月必ずやってくる?生理痛の種類によっては診断が必要かもしれないこと知ってますか?

  • ボディジュエリー 福岡

    福岡で帰省中にボディジュエリーにチャレンジ!一体どうなったのか?

  • お盆

    お盆とはの時にする事ってご存知ですか?実はあまり知られていないお盆にする事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top