50度洗い【魚介類】の洗う時間と注意点

50度洗い(魚介類)

魚や貝をお湯で洗っても大丈夫なの?
と思うかもしれませんが、大丈夫です。むしろスーパーなどで扱っている魚介類などはおアックされているとはいえ表面に出てきている油は酸化して味が悪くなっていることの方が多いのをご存知ですか?

50度で洗ってあげることで参加した油の部分と雑味がとれて魚本来の味はそのまま残っておいしくいただくことができます。

魚の50度洗い

冷蔵庫から取り出してからそのままお湯の中に入れます。表面を軽くなでるように洗ってあげることで表面の酸化した油が取れやすくなります。

冷蔵庫に入ってい状態からすぐにおこなうためお湯の温度に気をつけてください。43度以下になると雑菌が増えてしまう環境になってしまうため注意が必要です。

洗うと表面が少し白くなりますが、しばらくすると元通りの色に戻るので心配はいりません。洗ったお湯は白濁して汚れが落ちたのを実感できます。

一尾を行う場合は内臓やウロコを取り除いてからお湯に入れて同様に洗ってください。

魚の50度洗いの目安
魚 2~3分

刺身の50度洗い

刺身の場合は丸ごとお湯に入れてから軽く表面を洗います。洗い終わった後は氷水につけて冷ますことで身の引き締まったおいしい刺身になります。

この時も表面が少し白くなってしまいますが、しばらくすると元通りの色に戻りますので心配はいりません。

刺身の50度洗いの目安
刺身 1~2分洗ったあと氷水に移し替えて冷ます

貝の50度洗い

貝などの場合きになるのが砂!じゃりじゃりと砂が入ったまま調理そしてしまったなんてことありませんか?

50度洗いではこれらの悩みもきれいに解決してくれます。
アサリやシジミの場合、貝の中に砂を食べたままのものもいてそれらを吐き出させなくてはいけません。お湯の中につけておくとすぐに吐き出してくれてすぐに済みます。

もちろんこの時にお湯の温度は気を付けてください。43度以下にならないようにしてから目安の時間つけてそのあとに冷水にうつくしてください。

殻付きの大きめの貝たとえばホタテなどの場合は50度で洗ってあげると殻を簡単に話す子ができて、汚れが集まりがちなヒモの部分も汚れを落としやすくなります。

貝の50度洗いの目安
貝 2~3分洗ったあと冷水に移し替えて冷ます

魚介類【魚・刺し身・貝類】等の50度洗いの目安とコツ

[table id=8 /]

50度洗いの洗う時間とコツなどを紹介しています



応援お願いします!




家事時短テク集

この時期に気になる情報

冬のこの時期だからこそできるだけ煩わしくしたくない私が気になる冬の事を紹介しています。

  • 栗の保存方法

    秋の味覚といえばコレといわれるくらい人気の高い食材の「栗」一度にたくさん手に入れた時に保存する方法、なんと家庭でできる美味しさアップの方法も紹介♪

  • 柿の保存方法

    秋を代表する味覚、お酒の二日酔いなんかにも絶大な効果を発揮してくれるという効果も、柿が苦手という人もいらっしゃいますが、嫌いな私でも食べれた柿を紹介しちゃいます。

  • キウイの保存方法

    プチプチ触感のキウイ、保存の仕方に興味を持つまでは旬が秋だとは知らなかったのですが、この美味しい物を見分ける方法があるんです!

  • さつまいもの保存方法

    焼いてよし、スイーツにしてよしのこの時期にはたまらない味覚のさつまいも、芽がすぐ出ちゃうのを防ぐ方法とやってはいけない保存の仕方を紹介しています。

  • 里芋(さといも)の保存方法

    故郷の料理などでたまに食べたくなる食材ですが、日本料理の歴史でも大事なやくわりの里芋(さといも)簡単に皮をむくにはアレを使うと大変便利!

  • 大根の保存方法

    煮たりおろしたりと和食のイメージにぴったりの食材ですね。辛さを出さないために必要なことはなんでしょう?

  • 生姜(しょうが)の保存方法

    寒くなるこの季節に体を暖めてくれる生姜、できれば長持ちさせたいですね。

  • 妊娠超初期症状

    妊娠すると体に様々な変化がでます。そのことを妊娠超初期症状というのですがどんな症状でしょうか?

  • マタニティフォト 福岡

    妊娠をしておなかが大きくなってきたら収めておきたいマタニティフォトを福岡で撮影葛藤しています。

  • 生理痛

    毎月必ずやってくる?生理痛の種類によっては診断が必要かもしれないこと知ってますか?

  • ボディジュエリー 福岡

    福岡で帰省中にボディジュエリーにチャレンジ!一体どうなったのか?

  • お盆

    お盆とはの時にする事ってご存知ですか?実はあまり知られていないお盆にする事

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ