50度洗い【根菜・キノコ】の洗う時間と注意点

50度洗い(根菜・キノコ類)

ちょっと厚みのある食材である根菜類や洗っても大丈夫なの?と思ってしまいがちなキノコ類も50度洗いのこうかははっきりと出てくれます。

基本的には常温に戻してから洗うことをお勧めしています、甘味が増して大変おいしくいただけますよ。

ニンジンの50度洗い
最近では土がついたまま販売されているものも多く見かけますが土は落としてから行うこと、厚みがあるため少し長めにお湯に入れるためお湯の温度に注意が必要です。

表面を軽くこするようにしながら洗ってからお湯の中に5~6分つけましょう。

目安の時間:5~6分(常温に戻した後)

ゴボウ・ジャガイモ・レンコンなどの50度洗い
こちらも土が付いている場合は土を落としてから行いましょう。ゴボウなどの長いものはボウルに入る大きさにカットしてからお湯に入れるようにしましょう。

50度で洗うとなかなか落ちなかった土や汚れも簡単に落ちるようになるのでお試しあれ。

大根やカブの場合は葉の部分は取り除きお湯に入れましょう。大根などは使う分だけカットしてから洗ってもいいですね。

タマネギの場合は皮をむいてから丸ごとお湯の中に入れるといい感じです。お湯につけておくと炒め物なんかに使うとベチャっとした質感になりにくくてタマネギの甘さも引き立ちます。

目安の時間:5~6分(常温に戻した後)

キノコの50度洗い

石突がついたまま洗うことができます。カサの部分をしたにして最初はゆするようにして汚れを落とします、そのあとお湯につけておくと軸がピンっと張ってカサの部分はふっくらと蘇ります。

日持ちも良くなるので買ってからすぐに行ってもいいでしょう。

素焼きで食べる場合には水気が入りますのでむきません。

目安の時間:2~3分

実のある野菜【大根・ニンジン・タマネギ・じゃがいも・キノコ】の50度洗いの目安とコツ

[table “5” not found /]

50度洗いの洗う時間とコツなどを紹介しています



応援お願いします!




家事時短テク集

この時期に気になる情報

冬のこの時期だからこそできるだけ煩わしくしたくない私が気になる冬の事を紹介しています。

  • 栗の保存方法

    秋の味覚といえばコレといわれるくらい人気の高い食材の「栗」一度にたくさん手に入れた時に保存する方法、なんと家庭でできる美味しさアップの方法も紹介♪

  • 柿の保存方法

    秋を代表する味覚、お酒の二日酔いなんかにも絶大な効果を発揮してくれるという効果も、柿が苦手という人もいらっしゃいますが、嫌いな私でも食べれた柿を紹介しちゃいます。

  • キウイの保存方法

    プチプチ触感のキウイ、保存の仕方に興味を持つまでは旬が秋だとは知らなかったのですが、この美味しい物を見分ける方法があるんです!

  • さつまいもの保存方法

    焼いてよし、スイーツにしてよしのこの時期にはたまらない味覚のさつまいも、芽がすぐ出ちゃうのを防ぐ方法とやってはいけない保存の仕方を紹介しています。

  • 里芋(さといも)の保存方法

    故郷の料理などでたまに食べたくなる食材ですが、日本料理の歴史でも大事なやくわりの里芋(さといも)簡単に皮をむくにはアレを使うと大変便利!

  • 大根の保存方法

    煮たりおろしたりと和食のイメージにぴったりの食材ですね。辛さを出さないために必要なことはなんでしょう?

  • 生姜(しょうが)の保存方法

    寒くなるこの季節に体を暖めてくれる生姜、できれば長持ちさせたいですね。

  • 妊娠超初期症状

    妊娠すると体に様々な変化がでます。そのことを妊娠超初期症状というのですがどんな症状でしょうか?

  • マタニティフォト 福岡

    妊娠をしておなかが大きくなってきたら収めておきたいマタニティフォトを福岡で撮影葛藤しています。

  • 生理痛

    毎月必ずやってくる?生理痛の種類によっては診断が必要かもしれないこと知ってますか?

  • ボディジュエリー 福岡

    福岡で帰省中にボディジュエリーにチャレンジ!一体どうなったのか?

  • お盆

    お盆とはの時にする事ってご存知ですか?実はあまり知られていないお盆にする事

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ