三伏とは?季節の挨拶でも使えるこの暦の由来を知ろう

三伏

三伏とは、1年でもっとも暑い時期を指します。暦に記載される暦注のひとつで、夏至後の3度目の庚の日を初伏、4度目を中伏、立秋後の最初の庚の日を末伏といい、その総称です。三伏には、夏の勢いが盛んで秋の気が降伏してしまうという意味があり、初伏の7月半ばから末伏の8月上旬までがいちばん暑いとされます。

時候の挨拶を表す言葉

今ではあまり耳にしませんが、時候のあいさつにも「三伏」は使われていました。「酷暑」と同じような意味があり、手紙の書き出しに「拝啓 一二伏の候…」などと使います。

三伏の由来

三伏とは、万物を「木・火・土・金・水」の5つの性質に分類する陰陽五行説に由来する暦注です。これによると夏という季節は「火」に、庚の日は「金」に属し、両者は「火は金を溶かす」といって、相性が悪い関係となっています。そのため夏の庚の日は、種まきや遠出、婚姻など、すべて伏して慎むべき日とする風習があります。



応援お願いします!




家事時短テク集
重曹の使い方

この時期に気になる情報

冬のこの時期だからこそできるだけ煩わしくしたくない私が気になる冬の事を紹介しています。

  • 栗の保存方法

    秋の味覚といえばコレといわれるくらい人気の高い食材の「栗」一度にたくさん手に入れた時に保存する方法、なんと家庭でできる美味しさアップの方法も紹介♪

  • 柿の保存方法

    秋を代表する味覚、お酒の二日酔いなんかにも絶大な効果を発揮してくれるという効果も、柿が苦手という人もいらっしゃいますが、嫌いな私でも食べれた柿を紹介しちゃいます。

  • キウイの保存方法

    プチプチ触感のキウイ、保存の仕方に興味を持つまでは旬が秋だとは知らなかったのですが、この美味しい物を見分ける方法があるんです!

  • さつまいもの保存方法

    焼いてよし、スイーツにしてよしのこの時期にはたまらない味覚のさつまいも、芽がすぐ出ちゃうのを防ぐ方法とやってはいけない保存の仕方を紹介しています。

  • 里芋(さといも)の保存方法

    故郷の料理などでたまに食べたくなる食材ですが、日本料理の歴史でも大事なやくわりの里芋(さといも)簡単に皮をむくにはアレを使うと大変便利!

  • 大根の保存方法

    煮たりおろしたりと和食のイメージにぴったりの食材ですね。辛さを出さないために必要なことはなんでしょう?

  • 生姜(しょうが)の保存方法

    寒くなるこの季節に体を暖めてくれる生姜、できれば長持ちさせたいですね。

  • 妊娠超初期症状

    妊娠すると体に様々な変化がでます。そのことを妊娠超初期症状というのですがどんな症状でしょうか?

  • マタニティフォト 福岡

    妊娠をしておなかが大きくなってきたら収めておきたいマタニティフォトを福岡で撮影葛藤しています。

  • 生理痛

    毎月必ずやってくる?生理痛の種類によっては診断が必要かもしれないこと知ってますか?

  • ボディジュエリー 福岡

    福岡で帰省中にボディジュエリーにチャレンジ!一体どうなったのか?

  • お盆

    お盆とはの時にする事ってご存知ですか?実はあまり知られていないお盆にする事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top