今年こそは夏バテを上手に解消する!夏バテ解消の食事

夏バテ解消の食事

夏が来るぞー!という季節ではありますが、夏バテしない過ごし方をしていれば暑い夏の生活も豊かに過ごすことができます。

近年、夏のエアコンをできるだけ我慢した生活をしただけで夏バテしない生活を実践してみたんですけど、結構いけるもんだなと思いました。
そんな中併せて実践していた夏バテを見事に撃退した私の食事の方法を紹介しておきたいと思います。

夏バテの原因は何なの?

まずは、敵を知り己を知るではありませんが、なぜこんなにも夏バテと思われる状態はだるいしそのダルさも行き過ぎると生活に影響を与えてしまうものなので、毎年来るものだからうまく付き合っていきましょう。

夏バテの体になる主な原因はビタミン、ミネラルの不足からきていることが多い
ビタミンB1、ビタミンB2、そしてクエン酸が不足していると体がダル~くなってしまうんです。

汗をよくかくようになってそれらが失われるというのも原因の一つにあるのですが、それ以外にも夏場の食生活でそうめんや冷やしうどん、などをよく食べていませんか?

もちろんそれらは炭水化物が主に入っていて大事なエネルギー源になっているのですが、暑くて食欲がない時それだけで済ませてしまっていたり、暑いと家事が億劫になって偏りがちなものになっている時もあると思うんです。

そうなると、体の中にはエネルギーの養分はきちんと整っているけれどそれらをエネルギーとして使うために必要な物質であるビタミンB1、ビタミンB2、クエン酸が足りていないことで疲労物質である乳酸やダイエットの大敵である脂肪になってしまって夏バテ状態になってしまうんですね。

それらの中に上記に乗せた夏バテの解消の栄養を上手に入れてあげることができれば、毎年ダバテ気味な生活から海でも行ってみるか!
みたいな元気もわいてくるというものです。

せっかくの夏だし元気に過ごしたいですね。

ビタミンB1,B2を多く含む夏バテ防止・解消の食材

  • 豚肉(特にモモ肉、ひれ肉)
  • レバー
  • 枝豆
  • 納豆
  • 豆腐
  • 玄米
  • うなぎ(ビタミンB1
  • いわし
  • ゆず

ビタミンB1,B2を多く含む夏バテ防止の食事

上記でビタミンB1,B2を含む食材は分かったところで、できればこれらをきちんと体に吸収するにはアリシンという栄養が必要になってきます。それらを一緒に食事することで吸収をきちんと行ってくれるので併せて調理をするのがお勧めです。

アリシンを含む食材にはねぎ、にんにく、にら、 たまねぎなどがあって、併せてできる食事

  • 豚しゃぶ(にんにくを薬味にして)
  • レバニラ炒め
  • 卵とたまねぎのうな丼
  • 豆腐の肉あんかけ

クエン酸をたくさん含む夏バテ防止・解消の食材

運動した後などの疲れにも効果的なクエン酸は酸っぱいものにはたいてい入っています。
身近にあるものではいかの食材があります

  • ゆず
  • グレープフルーツ
  • レモン
  • 梅干

クエン酸を多く含む夏バテ防止の食事

上記の食材を上手に使ってクエン酸も摂取できるようにしたいですね。

  • 豚肉のレモン和え(豚肉をレモンに漬けたものをさっと炒めたもの)
  • 酢をたっぷりかけた冷やし中華(具に豚肉とねぎをたっぷり入れましょう)
  • 酢の物

クエン酸には夏バテ解消以外にも夏に嬉しい効果もあります

疲れをいやしてくれる効果があるクエン酸には、夏の汗のにおいを抑制してくれる効果もあるんです。
詳しくは気になる夏のにおいを防ぐために効果的な方法のページで紹介しています。



応援お願いします!




家事時短テク集
重曹の使い方

この時期に気になる情報

冬のこの時期だからこそできるだけ煩わしくしたくない私が気になる冬の事を紹介しています。

  • 栗の保存方法

    秋の味覚といえばコレといわれるくらい人気の高い食材の「栗」一度にたくさん手に入れた時に保存する方法、なんと家庭でできる美味しさアップの方法も紹介♪

  • 柿の保存方法

    秋を代表する味覚、お酒の二日酔いなんかにも絶大な効果を発揮してくれるという効果も、柿が苦手という人もいらっしゃいますが、嫌いな私でも食べれた柿を紹介しちゃいます。

  • キウイの保存方法

    プチプチ触感のキウイ、保存の仕方に興味を持つまでは旬が秋だとは知らなかったのですが、この美味しい物を見分ける方法があるんです!

  • さつまいもの保存方法

    焼いてよし、スイーツにしてよしのこの時期にはたまらない味覚のさつまいも、芽がすぐ出ちゃうのを防ぐ方法とやってはいけない保存の仕方を紹介しています。

  • 里芋(さといも)の保存方法

    故郷の料理などでたまに食べたくなる食材ですが、日本料理の歴史でも大事なやくわりの里芋(さといも)簡単に皮をむくにはアレを使うと大変便利!

  • 大根の保存方法

    煮たりおろしたりと和食のイメージにぴったりの食材ですね。辛さを出さないために必要なことはなんでしょう?

  • 生姜(しょうが)の保存方法

    寒くなるこの季節に体を暖めてくれる生姜、できれば長持ちさせたいですね。

  • 妊娠超初期症状

    妊娠すると体に様々な変化がでます。そのことを妊娠超初期症状というのですがどんな症状でしょうか?

  • マタニティフォト 福岡

    妊娠をしておなかが大きくなってきたら収めておきたいマタニティフォトを福岡で撮影葛藤しています。

  • 生理痛

    毎月必ずやってくる?生理痛の種類によっては診断が必要かもしれないこと知ってますか?

  • ボディジュエリー 福岡

    福岡で帰省中にボディジュエリーにチャレンジ!一体どうなったのか?

  • お盆

    お盆とはの時にする事ってご存知ですか?実はあまり知られていないお盆にする事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top