健康保険証を紛失してしまった場合の対処方法

健康保険証を紛失

日本のほとんどの人が健康保険証を持っていると思います、今ではカードサイズで持ち運びも大変便利になりましたがその小ささゆえに紛失することも併せて増えているようです。

財布に入れていてそのまま落としちゃうなんてこともあるでしょう。
そんなときに落ち着いて対処できるように落とした時の手順を紹介したいと思います。

最初にやるべきこと

健康保険証を紛失してしまったらまずは、警察に紛失届を出しましょう
この部分に関しては、クレジットカードなどをなくした場合にも行うと思いますが、そのほかのカードと違って防犯処置などができないため身分証明書として使用された場合に消費者金融やその他のブラックなものにも利用されてしまう恐れがあります。

届け出を提出していない場合はもし悪用されてしまった場合に困ったことになってしまいますが、健康保険証を紛失届けを提出していればそれらの被害を免除してもらえることが多いです。

次にやるべきこと

健康保険証の紛失の届け出を済ませた後は、発行元に再発行の手続きをしましょう。
会社に勤務している場合は会社の担当の部署に、ご自身は働いていなくてパートナーが働いている場合はパートナーを通じて再発行をしてもらうようにしてください。

市区町村(役所)の国民健康保険担当課、企業の健康保険組合、全国健康保険協会の各支部、共済組合などそれぞれの窓口に申請します。手続きは無料です。

再発行はできるだけ早く行うに越したことはありません、いつ病気やケガにあってしまうかわからないため、めんどくさくても早く行うことが大事です。

仮に再発行の手続き中に病気やケガに見舞われた時は、その旨を病院に伝えてその場は実費で満額の支払いになりますが、後日、健康保険証をもっていけば、過払い分に関しては返金されます。

実費で支払いを行った場合の領収書は必ず取っておいてください。差額分を返金してもらう際に必要になります。

健康保険証を紛失した際の再発行までの流れ

紛失してしまってから、役所の窓口で再発行の申請を行えば基本的には即日発行をしてもらえるようになっています。

窓口の名前もいくつかあります、記載しておきますが受付で健康保険証の再発行を望んでいる旨を伝えれば一番わかりやすい可と思います。

・国民健康保険課
・区役所区民課
・各まちづくりセンター
・各出張所

また、直接、窓口にいくことができない場合には郵送でも発行してもらうこともできますが、そのときには時間がかかってしまう場合が多いので、窓口で申請した方が楽かなと。
※郵送の場合は発効から郵送期間がかかります

再発行に必要なもの
・運転免許証、パスポートなど本人であることを証明する本人確認書類(紛失した場合)
・国民健康保険証(毀損、無余白の場合

悪用される心配のあるもの

保険証を身分証明として使用されるものの中に消費者金融などがあります。もしここで消費者金融のクレジットカードを作成されて使用されるケースがあります。

紛失届けや盗難届を出しておくことでこれらが使用された際の審査の段階で不許可の手続きなどが行われるため、気づいたらすぐに最寄りの警察や保険証の発行元に連絡をすることが大事です。

もしも、身に覚えのない請求が消費者金融や信販会社から届いた際には少しめんどくさいですが無視せずにその旨を上記と同じように警察や保険証の発行元に相談しましょう。

(注)本人申告制度とは、身分証明書の紛失や盗難に遭ったことなどの情報を個人信用情報機関に登録することで、当該機関の加盟会社(信販会社、消費者金融、銀行など)が与信審査をより慎重に行うことができるようにする制度です。代表的な個人信用情報機関は以下のとおりです。
株式会社 シー・アイ・シー(クレジット系)
全国銀行個人信用情報センター(銀行系)
株式会社 日本信用情報機構(消費者金融系)
(本人申告情報を登録するには手数料がかかります。)

健康保険証に関しての参考サイト

全国健康保険協会
国民健康保険ガイド
国民生活センター

健康保険証を紛失してしまった場合の対処方法がだれか困ったときにおやくだていただければと思います。



応援お願いします!




家事時短テク集

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top