傷あとを消す塗る薬「アットノン」の効果や口コミ

傷あとにアットノン

小さい頃の怪我など傷あとが残ってるきずってもう消える事がないとあきらめている人も多いのですが、最近話題になっている傷薬「アットノン」ならもしかしたらその傷痕を消す事ができるかもしれません。

この話題を耳にしたときに、普段あまり気にかけていなかった私ですが、体を見回していたら、小さい頃に怪我していた場所には確かに傷あとが残っていました。

一度再確認してみると気になって仕方がなかったのでアットノンを購入してみる事にしました。

アットノンってなに?

この商品を知らない人の為に簡単に説明をすると皮膚表面に塗るタイプのお薬で、現在サッラとした透明ジェルタイプとしっとりするクリームタイプが発売されています。

含まれている成分の中でへバリン類似物質と呼ばれるものがあり、その効果で傷あとの奥にある皮膚再生組織による再生を促す効果によって傷が完治したあとでも皮膚を再生する動き促して、もともt人間にある元に戻ろうとする働きを手助けする物のようです。

どんな傷あとに効くお薬?

傷あとに効くお薬としての知られる商品ですが、

どんなお薬なの?

傷あとにアットノンの特徴

アットノンの使い方

続いてアットノンを実際の使い方はどのようになっているのかを知りましょう。

用法・用量
1日1~数回、適量を患部にすりこむか、またはガーゼなどにのばして貼ってください。

成分・分量
ヘパリン類似物質 100g中 0.3g(保湿・血行促進・抗炎症作用)
※添加物として、カルボキシビニルポリマー、トリイソプロパノールアミン、プロピレングリコール、イソプロパノール、香料を含有

成分・分量
きず・やけどのあとの皮膚のしこり・つっぱり(顔面を除く)、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症、手指の荒れ、手足のひび・あかぎれ、乾皮症、小児の乾燥性皮ふ、しもやけ(ただれを除く)、打身・ねんざ後のはれ、筋肉痛・関節痛

アットノンはジェルとクリームタイプどちらがおすすめ?口コミ

掲載されていたアットノンの使用感への口コミをまとめてみます。

ジェルタイプは使用された方の81.2%の方にとって使用感が良いというものが言われています。

クリームタイプは使用された方の75%以上の方にとって使用感が良いというものが言われています。

⇒ 小林製薬のアンケート(使用感口コミ)

⇒ 小林製薬株式会社



応援お願いします!




家事時短テク集
重曹の使い方

この時期に気になる情報

冬のこの時期だからこそできるだけ煩わしくしたくない私が気になる冬の事を紹介しています。

  • 栗の保存方法

    秋の味覚といえばコレといわれるくらい人気の高い食材の「栗」一度にたくさん手に入れた時に保存する方法、なんと家庭でできる美味しさアップの方法も紹介♪

  • 柿の保存方法

    秋を代表する味覚、お酒の二日酔いなんかにも絶大な効果を発揮してくれるという効果も、柿が苦手という人もいらっしゃいますが、嫌いな私でも食べれた柿を紹介しちゃいます。

  • キウイの保存方法

    プチプチ触感のキウイ、保存の仕方に興味を持つまでは旬が秋だとは知らなかったのですが、この美味しい物を見分ける方法があるんです!

  • さつまいもの保存方法

    焼いてよし、スイーツにしてよしのこの時期にはたまらない味覚のさつまいも、芽がすぐ出ちゃうのを防ぐ方法とやってはいけない保存の仕方を紹介しています。

  • 里芋(さといも)の保存方法

    故郷の料理などでたまに食べたくなる食材ですが、日本料理の歴史でも大事なやくわりの里芋(さといも)簡単に皮をむくにはアレを使うと大変便利!

  • 大根の保存方法

    煮たりおろしたりと和食のイメージにぴったりの食材ですね。辛さを出さないために必要なことはなんでしょう?

  • 生姜(しょうが)の保存方法

    寒くなるこの季節に体を暖めてくれる生姜、できれば長持ちさせたいですね。

  • 妊娠超初期症状

    妊娠すると体に様々な変化がでます。そのことを妊娠超初期症状というのですがどんな症状でしょうか?

  • マタニティフォト 福岡

    妊娠をしておなかが大きくなってきたら収めておきたいマタニティフォトを福岡で撮影葛藤しています。

  • 生理痛

    毎月必ずやってくる?生理痛の種類によっては診断が必要かもしれないこと知ってますか?

  • ボディジュエリー 福岡

    福岡で帰省中にボディジュエリーにチャレンジ!一体どうなったのか?

  • お盆

    お盆とはの時にする事ってご存知ですか?実はあまり知られていないお盆にする事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top