今年の節分は子どもと一緒に恵方巻きを作ろう!恵方巻きの作り方レシピ

恵方巻きの作り方

今ではすっかり馴染んでいる恵方巻き、私も幾度となく一口で食べてきたのですが、喉に使える感じが、気持ち悪いやら、気持ちいいやら、よく分からないうちに頑張って一口で食べました。

唯一つ思うことは恵方巻き、一口で食べるにはなかなかしんどい大きさ!ということです。

幸せは訪れてほしいけれど、スーパーで売っているものやコンビニのものなんかは大きすぎてとても子どもと一緒に楽しむことはできないと思いました。

そこで、自分で恵方巻きを作ってしまえばいいじゃんという安易な考えから今年はチャレンジすることにしました。

ここでは基本の恵方巻きレシピを紹介していますが、これ以外にも子どもが喜ぶものも紹介したいと思います。

キャラクター恵方巻きの作り方

⇒ アンパンマンの恵方巻きの作り方

子どもが喜ぶ恵方巻きの作り方|基本の恵方巻きのレシピ

必要な食材
恵方巻きの材料

必要な道具
うちわ
まきす
ボウル
サランラップ

これらの道具と食材を使って行きたいと思います。

恵方巻きの作り方・レシピ

①お米とご飯の準備をする
お米は少し硬めに炊いておくのがポイント。

②酢飯をつくる
寿司酢の材料を合わせてから炊きたてのご飯にかき混ぜながら入れていく。
全体に均一に混ざった後にうちわなどであおぎながら冷ます。

③卵を焼く
卵3つを使って厚焼き卵を作ります。砂糖と醤油などで、味付きの出し巻き卵に仕上げると恵方巻きも美味しく仕上がります。

これでばっちり!美しいだし巻き玉子の作り方

④具材をカットする
今回準備した具材をカットしていきます。
まきやすい太さや大きさにカットしていきましょう。
お子さんの好みに合わせてツナなどを使う場合はマヨと混ぜておくと美味しいですね。

⑤巻きすでまく
海苔を広げてご飯を敷いてからその上に具材を乗せていきます。

ご飯の量は巻き方によって変わってきます、ちょうどいい分量を探してみましょう。
参考に動画を紹介していますのでご参考に!

お寿司屋さんの恵方巻きのまき方を参考にしてみよう

恵方巻きの一般的なもののカロリー

気になるのはカロリーという方のために一般的な恵方巻きに関して摂取カロリーを紹介したいと思います。

これは具材などによって変わってくる物なので、一概に言えない所ではありますので参考までに観てくださいね。

太巻きに使われる材料のカロリーと重量

具材名前 重さ カロリー
酢飯 20 g 33 kcal
乾燥椎茸 0.3 g 1 kcal
かんぴょう 0.2 g 1 kcal
2.6 g 0 kcal
4 g 7 kcal
きゅうり 1.3 g 1 kcal
海苔 0.2 g 1 kcal
シイタケだし 2 g 1 kcal
みりん 0.7 g 2 kcal
砂糖 0.7 g 3 kcal
醤油 0.7 g 1 kcal
0.01 g 0 kcal
サラダ油 0.2 g 2 kcal

節分について知りたい人はこちら

恵方巻きについて知りたい人はこちら



応援お願いします!




家事時短テク集
重曹の使い方

この時期に気になる情報

冬のこの時期だからこそできるだけ煩わしくしたくない私が気になる冬の事を紹介しています。

  • 栗の保存方法

    秋の味覚といえばコレといわれるくらい人気の高い食材の「栗」一度にたくさん手に入れた時に保存する方法、なんと家庭でできる美味しさアップの方法も紹介♪

  • 柿の保存方法

    秋を代表する味覚、お酒の二日酔いなんかにも絶大な効果を発揮してくれるという効果も、柿が苦手という人もいらっしゃいますが、嫌いな私でも食べれた柿を紹介しちゃいます。

  • キウイの保存方法

    プチプチ触感のキウイ、保存の仕方に興味を持つまでは旬が秋だとは知らなかったのですが、この美味しい物を見分ける方法があるんです!

  • さつまいもの保存方法

    焼いてよし、スイーツにしてよしのこの時期にはたまらない味覚のさつまいも、芽がすぐ出ちゃうのを防ぐ方法とやってはいけない保存の仕方を紹介しています。

  • 里芋(さといも)の保存方法

    故郷の料理などでたまに食べたくなる食材ですが、日本料理の歴史でも大事なやくわりの里芋(さといも)簡単に皮をむくにはアレを使うと大変便利!

  • 大根の保存方法

    煮たりおろしたりと和食のイメージにぴったりの食材ですね。辛さを出さないために必要なことはなんでしょう?

  • 生姜(しょうが)の保存方法

    寒くなるこの季節に体を暖めてくれる生姜、できれば長持ちさせたいですね。

  • 妊娠超初期症状

    妊娠すると体に様々な変化がでます。そのことを妊娠超初期症状というのですがどんな症状でしょうか?

  • マタニティフォト 福岡

    妊娠をしておなかが大きくなってきたら収めておきたいマタニティフォトを福岡で撮影葛藤しています。

  • 生理痛

    毎月必ずやってくる?生理痛の種類によっては診断が必要かもしれないこと知ってますか?

  • ボディジュエリー 福岡

    福岡で帰省中にボディジュエリーにチャレンジ!一体どうなったのか?

  • お盆

    お盆とはの時にする事ってご存知ですか?実はあまり知られていないお盆にする事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top