年越しそばはいつ食べる?なんでそばなの?その由来は

2014年 年越しそば

年越しそばとは

江戸時代から定着した歳末の風物詩の一つに、大晦日に食べる「年越しそば」があります。
蕎麦は他の麺類・うどんなどより切れやすいことから、「今年一年の災厄を断ち切る」という意味合いのようです。
縁起を担ぐ風習の一つですが、最近の全国統計では50パーセント越えだそうですで、全国的に定着しているようですね。

全国各地での『年越しそば』には、地域の特色が濃い様々な食べ方があるようです。
食べる日の違いは、福島の会津地方では元旦に、新潟では同じく元旦や1月14日(小正月の前日)に食べるのだそうです。
香川県は『うどんの国』ですから、年越しもそばとうどんがそばと半々くらいとか。
沖縄では、日常よく食べている「沖縄そば」が多いのだそうです。

食べる時期の違いもあるようですが、大晦日当日の何時頃に食べるのか、疑問に思った人はいませんか?
この調査の蕎麦関連の回答では、『大晦日に年越しそばを食べる』としかないらしいのです。
なにしろ大晦日は蕎麦屋さんにとっては「書き入れ時」ですから、我が家の近くの蕎麦屋でも、外に売り場を設けて呼び込みがうるさくなります。

もし、「大晦日と元日の間に食べる」と言うことが正解なら、蕎麦屋では深夜まで営業しなければならなくなって困るでしょう。
近年は、持ち帰りのみで営業という店が多くなっているのですから…。
母の元気な頃の我が家は、生そばを購入して「もり」で24時前に作り家族全員で食べていましたから、もしかしたら正解は年越しの時なのかもしれません。

最近では、夕食や夜食で「年越しそば」を食べる家庭が多いのだそうです。
主婦にとっては、手が掛からなくて助かりますが、どのような形でも「年越しそば」の風習が残ることは嬉しいことです。

年越しそばの由来

江戸時代から定着した食習慣の「年越しそば」は、日本人の半分以上が現在でも食べているようです。
この「年越しそば」の起源は、江戸中期ごろまでさかのぼることが出来るそうです。
当時の江戸では、栄養不良による脚気が流行していて、「そばを食べている人は脚気にならない」という巷の噂話から、当時流行り始めていた『そば切り』が更に大流行したようです。

よく時代物に出てくる「二八そば・夜鳴きそば」は、切ったそばに汁を張った「かけそば」ですが、時代をさかのぼれば、そばは細長く切られた「切りそば」ではなく、「そばがき」のようにそば粉を練って丸めてゆでたものでした。
歯切れもあまり良いとは言えず、味付けも江戸好みではなかったのでしょう。
この切りそばの発祥には諸説ありますが、江戸時代に流行ったことは間違いありません。

大晦日の夜に行うこの「年越しの行事」を総称して、『年取り・お年取り』と言うことから、「年取りそば」とも言うそうです。
また大晦日の別称から、「大年そば」「おおつもごりそば」とも呼ばれるようですが、やはり一般的なのは『年越しそば』でしょう。

なんで蕎麦なの?

一般的には、そばは切れやすいため「今年一年の災厄を断ち切る」と言う意味なのですが、他にもいろいろと起源や由来はありそうです。
先のような意味合いの他に、更に「借金も断ち切る」という意味もあるとか。
要するに一年の間に起こった「喜ばしくない事柄」を、全てこの大晦日に流してしまおう、と言うことです。

また、そばはうどんなどと違って、細く長く伸びることからの縁起説もあります。
延命・長寿を願って、その上に家運も伸ばしたい、という願いが込められてもいるのだとか。
長く細くの意味合いでは、「引越しそばの末永くよろしくお願いします」の意味と通じるもののようです。

別の説もいくつかあります。
金箔を扱う細工師が飛び散ってしまった金粉を集めるのに、そば粉を練ったものを使ったことから、「そばは金を集める」という縁起から食べられるようになった、というもの。
そばはどのような痩せた土地でも栽培が可能で、風雨に曝されても晴天の日光でよみがえることから、健康面での縁起物とされた、というもの。
そばは五臓の毒を取る、と信じられていたことに由来するもの。

様々に言い伝えられている「年越しそば」ですが、大晦日のどの時間帯であれ、また生そばや蕎麦屋の味ににこだわることなく、インスタントでも冷凍でも何でも良いのですから、12月の31日の夜に食べてみませんか。
昔の人々の願いを思い出しながら…。



応援お願いします!




家事時短テク集
重曹の使い方

この時期に気になる情報

冬のこの時期だからこそできるだけ煩わしくしたくない私が気になる冬の事を紹介しています。

  • 栗の保存方法

    秋の味覚といえばコレといわれるくらい人気の高い食材の「栗」一度にたくさん手に入れた時に保存する方法、なんと家庭でできる美味しさアップの方法も紹介♪

  • 柿の保存方法

    秋を代表する味覚、お酒の二日酔いなんかにも絶大な効果を発揮してくれるという効果も、柿が苦手という人もいらっしゃいますが、嫌いな私でも食べれた柿を紹介しちゃいます。

  • キウイの保存方法

    プチプチ触感のキウイ、保存の仕方に興味を持つまでは旬が秋だとは知らなかったのですが、この美味しい物を見分ける方法があるんです!

  • さつまいもの保存方法

    焼いてよし、スイーツにしてよしのこの時期にはたまらない味覚のさつまいも、芽がすぐ出ちゃうのを防ぐ方法とやってはいけない保存の仕方を紹介しています。

  • 里芋(さといも)の保存方法

    故郷の料理などでたまに食べたくなる食材ですが、日本料理の歴史でも大事なやくわりの里芋(さといも)簡単に皮をむくにはアレを使うと大変便利!

  • 大根の保存方法

    煮たりおろしたりと和食のイメージにぴったりの食材ですね。辛さを出さないために必要なことはなんでしょう?

  • 生姜(しょうが)の保存方法

    寒くなるこの季節に体を暖めてくれる生姜、できれば長持ちさせたいですね。

  • 妊娠超初期症状

    妊娠すると体に様々な変化がでます。そのことを妊娠超初期症状というのですがどんな症状でしょうか?

  • マタニティフォト 福岡

    妊娠をしておなかが大きくなってきたら収めておきたいマタニティフォトを福岡で撮影葛藤しています。

  • 生理痛

    毎月必ずやってくる?生理痛の種類によっては診断が必要かもしれないこと知ってますか?

  • ボディジュエリー 福岡

    福岡で帰省中にボディジュエリーにチャレンジ!一体どうなったのか?

  • お盆

    お盆とはの時にする事ってご存知ですか?実はあまり知られていないお盆にする事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top