2014年3月3日の雛祭り|その由来は?雛人形の飾り方なども紹介

雛祭り

2014年 雛祭りは
3月3日(月曜日)

雛祭りは上巳の節句と呼ばれる、五節句ひとつです。上巳とは、3月最初の巳の日のことで、この日は邪気に見舞われやすい日とされていました。

平安時代の貴族たちは自分にふりかかる災いを紙人形にたくして川に流「流し雛」を行っていました。それがやがて雛人形を飾って女の子の厄除けと成長を願う行事に発展しました。

雛祭りの行事の一つ流し雛とは

人の形をした紙の人形で体をなで、その人形を川に流すことで械れを祓います。雛祭りのもとになったこの風習は、現在でも各地に残っています。

雛入形の飾り方、しまい方

雛人形は早く飾って早くしまうのがよいとされています。立春過ぎから雛祭りの1週間前ぐらいまでには飾り、3月3日の翌日もしくはできるだけ早くしまいます。早くしまわないと娘の嫁入りが遅れるといういい伝えもあります。

雛人形に供える品

雛祭りの時に雛人形にお供えする物はいくつかあります。それらの品々にはきちんとした由来があって、意味がある物ばかりです。

せっかくの雛人形と雛祭りですから、きちんと意味を知って楽しい雛祭りにしましょう。

菱餅
上から赤、白、緑の3色を重ねた菱形の餅。解毒作用のあるクチナシで色をつけた赤い餅は桃の花を、血圧を下げる効果がある菱の実が入っている白い餅は残雪を、厄払いの力があるヨモギを使った緑の餅は春の芽吹きを表しています。

雛あられ
餅米を蒸して乾燥させ、炒って作る雛あられは、菱餅から転じたものともいわれています。関東では甘い味
ですが、関西ではしょっぱい味があり、地域によって味に違いがあります。

白酒
とろりと甘い白酒は、江戸時代から雛祭りに供えられるようになったといわれていますっ体を清め、邪気を祓うとされています。

蛤は夫婦円満の証
蛤は離れたらもとの貝どうしでないとぴったり合わないことから、夫婦円満や女性の貞操の象徴とされ、雛祭りに蛤を食する習慣がうまれました。彩りのよいちらし寿司も定番のメニューです。

初節句
生まれて初めての節句を初節句といい、女の子は3月3日の桃の節句に雛人形を飾りお祝いをします。母方の実家が雛人形を贈る習慣がありますが、最近はあまりこだわらなくなりました

雛人形はひとりにひとつ
雛人形はその子のお守りとなるので、基本的にひとりひとりに用意します。母親の雛人形や上の子のものがあっても、その子のための雛人形を用意してあげるのが理想的です。



応援お願いします!




家事時短テク集
重曹の使い方

この時期に気になる情報

冬のこの時期だからこそできるだけ煩わしくしたくない私が気になる冬の事を紹介しています。

  • 栗の保存方法

    秋の味覚といえばコレといわれるくらい人気の高い食材の「栗」一度にたくさん手に入れた時に保存する方法、なんと家庭でできる美味しさアップの方法も紹介♪

  • 柿の保存方法

    秋を代表する味覚、お酒の二日酔いなんかにも絶大な効果を発揮してくれるという効果も、柿が苦手という人もいらっしゃいますが、嫌いな私でも食べれた柿を紹介しちゃいます。

  • キウイの保存方法

    プチプチ触感のキウイ、保存の仕方に興味を持つまでは旬が秋だとは知らなかったのですが、この美味しい物を見分ける方法があるんです!

  • さつまいもの保存方法

    焼いてよし、スイーツにしてよしのこの時期にはたまらない味覚のさつまいも、芽がすぐ出ちゃうのを防ぐ方法とやってはいけない保存の仕方を紹介しています。

  • 里芋(さといも)の保存方法

    故郷の料理などでたまに食べたくなる食材ですが、日本料理の歴史でも大事なやくわりの里芋(さといも)簡単に皮をむくにはアレを使うと大変便利!

  • 大根の保存方法

    煮たりおろしたりと和食のイメージにぴったりの食材ですね。辛さを出さないために必要なことはなんでしょう?

  • 生姜(しょうが)の保存方法

    寒くなるこの季節に体を暖めてくれる生姜、できれば長持ちさせたいですね。

  • 妊娠超初期症状

    妊娠すると体に様々な変化がでます。そのことを妊娠超初期症状というのですがどんな症状でしょうか?

  • マタニティフォト 福岡

    妊娠をしておなかが大きくなってきたら収めておきたいマタニティフォトを福岡で撮影葛藤しています。

  • 生理痛

    毎月必ずやってくる?生理痛の種類によっては診断が必要かもしれないこと知ってますか?

  • ボディジュエリー 福岡

    福岡で帰省中にボディジュエリーにチャレンジ!一体どうなったのか?

  • お盆

    お盆とはの時にする事ってご存知ですか?実はあまり知られていないお盆にする事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top