端午の節句とは?|なんでこの日は節句と呼ばれる?なんで柏餅を食べるの?

端午の節句とは

現代のように、「端午の節句」を男の節句として祝うようになったのは、鎌倉時代からのようです。
それ以前は中国からの伝来で、旧暦の丑の午の月が5月にあたり、この月の最初の午の日を節句としていました。
「端」は始まりの意味があり、始まりの午の日を「端午」と読んだもので、「午の年の午の日」で5月5日と数の重なる日を「端午の節句」と呼んだようです。
他にも、奇数の月と日が重なる3月3日、7月7日、9月9日なども「節句」とされています。

端午の当日には、野に出て薬草を摘み、鮮やかな色目の糸を肩に巻いて病を退け、邪気を払うと考えられた蓬や菖蒲を門に掛けたりしました。
この風習が現在にも残っていて、菖蒲や蓬を軒に吊るしたり、菖蒲湯に入ったりもしています。

宮中では、菖蒲を髪に飾って集まり、天皇から薬玉を賜る行事がありました。
薬玉は、現在では催しものの飾りとして作られていますが、元々は薬草を丸く固めて飾りをつけたものす。
宮中の行事として奈良時代から記述があり、貴族間では贈りあう習慣もあったようです。

鎌倉時代に入り、「菖蒲」の呼び方が「尚武」に通じ、また菖蒲の葉の形が剣を思わせることから、端午の節句は「男の子の節句」とされたようです。
男の子の立派な成長を祝って祈ることから、勇ましい鎧・兜・刀・武者人形などを飾るようにもなっていったようです。
鎧や兜は、身を守る意味もあるからです。

鯉のぼりを端午の節句に立てるようになったのは、江戸時代からのようです。
男子の立身出世を祈願して、五色の吹流しと複数の鯉のぼりを立てます。

関東地方では一般的な鯉のぼりは、関西地方ではあまり見られないとも言われています。
関東は武士の国だからなのでしょうか。

端午の節句に食べるもの

端午の節句に食べられるものとして、最も知られているのは「柏餅」でしょう。
柏の葉に包まれた、餡を包んだ餅菓子です。
柏は、古来から神聖な神の宿る樹とされ、『拍手を打つ』の語源とも言われています。

更に時代が下がると、現在の葉が次の新芽が出るまで落ちないことから、家督が絶えない象徴として、武家の社会では縁起のよいものとされていました。
男社会の武家らしい由来ですね。

葉の表裏で、中身の餡があずき餡(表葉)か、味噌餡(裏葉)か、分かるようにもなっています。
また現在では種類も多くなり、小豆餡も漉し餡や潰し餡、包む餅も蓬入りの草餅の場合もあります。
味噌餡という甘すぎない餅菓子、というところに「男の節句の食べ物」というイメージが強く出ていますね。

柏餅ほどではありませんが、「粽・ちまき」も端午の節句の食べ物としては定着しています。
中国からの伝来したもので、頃は平安時代から言われていますから、関西地方には多いようです。

日本では笹の葉ではなく、茅の葉を用いたことから「ちまき」と呼ばれたという説もあるようです。
昔から植物の葉は、食器の代わりや携帯食の包装に使われてきました。
ある種の葉には、除菌・殺菌作用のあるものが多く、昔の人はよく知っていたということでしょう。

もち米を植物の葉や皮で包み、「灰汁・あくで煮る」ことで保存食にしたもののようです。
現在の『ちまき』は、地方によって形状も中身もいろいろのようで、大きめの三角のものや細長いものを何本も束ねたもの等、様々です。
中身も餡入りや餅だけのもの、中には酢飯を具と共に巻いた寿司もあります。

蓬をつきこんだ「蓬餅・草餅」も、所によってはよく食べられているお菓子です。
蓬には邪気を払う力があると信じられていましたし、また消毒作用もあって古くから薬草としても珍重されていました。
その清々しい味わいと共に、「幸せで健やか」にも繋がっていくと考えられたのでしょう。

お祝いの料理としては定まったものはありませんが、男の子の節句と言うことから、『出世や成長の早いもの』が選ばれているようです。
出世魚とされるスズキ、ボラ、ブリなどや、「鯉の滝登り」のコイなどの魚がそうですし、目出度い日のお祝いとしてタイも多く用いられています。。
この時期の山菜としては、芽が出るのが早い、ワラビ、ヨモギ、タケノコ、木の芽などが使われます。

雛祭り同様に、初節句には両家共々集って、端午の節句のお祝いをしたいものですね。
最近は『男子誕生』を、昔ほどには騒がないようになってきていますが、お子様の誕生はそれだけで喜ばしいもの。
形にとらわれることなく、気持ちの良いお祝いの日にしてください。



応援お願いします!




家事時短テク集
重曹の使い方

この時期に気になる情報

冬のこの時期だからこそできるだけ煩わしくしたくない私が気になる冬の事を紹介しています。

  • 栗の保存方法

    秋の味覚といえばコレといわれるくらい人気の高い食材の「栗」一度にたくさん手に入れた時に保存する方法、なんと家庭でできる美味しさアップの方法も紹介♪

  • 柿の保存方法

    秋を代表する味覚、お酒の二日酔いなんかにも絶大な効果を発揮してくれるという効果も、柿が苦手という人もいらっしゃいますが、嫌いな私でも食べれた柿を紹介しちゃいます。

  • キウイの保存方法

    プチプチ触感のキウイ、保存の仕方に興味を持つまでは旬が秋だとは知らなかったのですが、この美味しい物を見分ける方法があるんです!

  • さつまいもの保存方法

    焼いてよし、スイーツにしてよしのこの時期にはたまらない味覚のさつまいも、芽がすぐ出ちゃうのを防ぐ方法とやってはいけない保存の仕方を紹介しています。

  • 里芋(さといも)の保存方法

    故郷の料理などでたまに食べたくなる食材ですが、日本料理の歴史でも大事なやくわりの里芋(さといも)簡単に皮をむくにはアレを使うと大変便利!

  • 大根の保存方法

    煮たりおろしたりと和食のイメージにぴったりの食材ですね。辛さを出さないために必要なことはなんでしょう?

  • 生姜(しょうが)の保存方法

    寒くなるこの季節に体を暖めてくれる生姜、できれば長持ちさせたいですね。

  • 妊娠超初期症状

    妊娠すると体に様々な変化がでます。そのことを妊娠超初期症状というのですがどんな症状でしょうか?

  • マタニティフォト 福岡

    妊娠をしておなかが大きくなってきたら収めておきたいマタニティフォトを福岡で撮影葛藤しています。

  • 生理痛

    毎月必ずやってくる?生理痛の種類によっては診断が必要かもしれないこと知ってますか?

  • ボディジュエリー 福岡

    福岡で帰省中にボディジュエリーにチャレンジ!一体どうなったのか?

  • お盆

    お盆とはの時にする事ってご存知ですか?実はあまり知られていないお盆にする事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top