花見について知ろう|今では当たり前の花見の由来知ってますか?

花見

桜の開花宣言が行われると日本各地で花見が行われます。この花見は、もとは春の農事に先立って、花の下で神酒を供え豊作を祈願したのがはじまりとされています。奈良時代では中国から梅の花が伝わり、梅を観賞するのが花見でした。それが平安時代に桜へと人気が移り、以来花見といえば桜の花となりました。

歴史に残る醍醐の花見

1598年の春に豊臣秀吉が京都の醍醐寺で催した花見は、諸大名ら約1300人を従えて盛大に行われ、「醍醐の花見」として記録に残っています。これにちなみ現在でも、醍醐寺では毎年4月の第2日曜日にコ豆太閤花見行列」を催しています。

奈良から江戸に移った桜

江戸時代、徳川家光は奈良吉野山の桜を上野に移植させ、上野を桜の名所にしました。さらに八代将軍吉宗は、飛鳥山や隅田川堤など多くの場所に桜を植える政策をとり、江戸に桜の名所をたくさん作りました。これにより、江戸庶民にも桜の花見を楽しむ習慣が広まりました。

桜という名前の由来

桜の語源については諸説ありますが、『古事記』や『日本書紀』に登場する「コノハナノサクヤヒメ」(此花之佐久夜姫)という美しい姫の「サクヤ」が「サクラ」の語源という説があります。

花見団子

江戸時代から花見の定番となっている花見団子。中に刺さった3色団子の、ピンクは春の桜を、白は去りゆく冬の雪を、緑はこれからくる夏を表しています。

花より団子

花見団子からできたことわざ。風流に花を見るよりも、お腹のたしになる団子を食べるほうを好むということから、外観よりも実益を選ぶという意味です。風流のわからない人を批判するときにも使います。

花見をしている桜の種類知ってますか?

染井吉野(ソメイヨシノ)
日本の代表的な桜。染井村(現在の東京都豊島区駒込)の植木屋さんが品種改良して広めた。

山桜
日本の野生の桜として知られ、奈良の吉野山の山桜は有名。花と若葉が同時に現れる。

大島桜(オオシマザクラ)
伊豆諸島に多く見られる野生種。桜餅を包む葉はこの大島桜の葉を塩漬けにしたもの。

江戸彼岸
彼岸頃に花を咲かせることからこの名がついた。桜の中でも長寿の種で樹齢が長い。

寒桜
暖かいところでは1月から淡紅色の花が咲きはじめる。

枝垂桜
枝を長く垂れ下げるのが特徴で、花の色が淡いものと、赤みが強い紅枝垂桜がある。



応援お願いします!




家事時短テク集
重曹の使い方

この時期に気になる情報

冬のこの時期だからこそできるだけ煩わしくしたくない私が気になる冬の事を紹介しています。

  • 栗の保存方法

    秋の味覚といえばコレといわれるくらい人気の高い食材の「栗」一度にたくさん手に入れた時に保存する方法、なんと家庭でできる美味しさアップの方法も紹介♪

  • 柿の保存方法

    秋を代表する味覚、お酒の二日酔いなんかにも絶大な効果を発揮してくれるという効果も、柿が苦手という人もいらっしゃいますが、嫌いな私でも食べれた柿を紹介しちゃいます。

  • キウイの保存方法

    プチプチ触感のキウイ、保存の仕方に興味を持つまでは旬が秋だとは知らなかったのですが、この美味しい物を見分ける方法があるんです!

  • さつまいもの保存方法

    焼いてよし、スイーツにしてよしのこの時期にはたまらない味覚のさつまいも、芽がすぐ出ちゃうのを防ぐ方法とやってはいけない保存の仕方を紹介しています。

  • 里芋(さといも)の保存方法

    故郷の料理などでたまに食べたくなる食材ですが、日本料理の歴史でも大事なやくわりの里芋(さといも)簡単に皮をむくにはアレを使うと大変便利!

  • 大根の保存方法

    煮たりおろしたりと和食のイメージにぴったりの食材ですね。辛さを出さないために必要なことはなんでしょう?

  • 生姜(しょうが)の保存方法

    寒くなるこの季節に体を暖めてくれる生姜、できれば長持ちさせたいですね。

  • 妊娠超初期症状

    妊娠すると体に様々な変化がでます。そのことを妊娠超初期症状というのですがどんな症状でしょうか?

  • マタニティフォト 福岡

    妊娠をしておなかが大きくなってきたら収めておきたいマタニティフォトを福岡で撮影葛藤しています。

  • 生理痛

    毎月必ずやってくる?生理痛の種類によっては診断が必要かもしれないこと知ってますか?

  • ボディジュエリー 福岡

    福岡で帰省中にボディジュエリーにチャレンジ!一体どうなったのか?

  • お盆

    お盆とはの時にする事ってご存知ですか?実はあまり知られていないお盆にする事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top