十五夜のお供えものは各地で違うの?

十五夜のお供え物

十五夜にお供えものをするというのは日本古来からの文化です。

私は現在の月見団子というお供えものがとても素晴らしいと思います。おいしいし。

大人になってからは月見酒なんかも楽しんでみたりとなかなかお月見にはお世話になっています。

そんなお月見には作法というか室礼(しつらえ)があります。

その作法についてはまた別の機会として紹介しますが、今回は十五夜のお供えものについて紹介したいと思います。

十五夜のお供えもの基本

十五夜で秋の明月の日にお月見をするときにはお供え物をするという風習がありますが、そのときに一般敵なお供えものがありますのでそれを学んでみましょう。

ちょっと手を入れるだけで何気ない普段の生活の中でお月見という時間が生活に節目を作って豊にしてくれるでしょう。

お月見ではじめは芋の名月と呼ばれていました、それは当時穀物(お米)などは貴重な食材だったためお供えするにはすこし大変でしたそこで芋が代わりにお供えとして使われていました。

近代に近づくにつれて、穀物が方策の象徴となって、その象徴がお米を使った月見団子へとかわっていきます。

今では月見団子として多くの人に親しまれています。

【満月の数⇒12個】 
その年に出た満月の数を供えるので平年は12個、閏年は13個となります。

【十五夜⇒15個】 
十五夜だから15個(十三夜には13個)。15個の並べ方は、下から9個、4個、2個となります。

昔は月の満ち欠けが暦を作る上でも農作物を作る上でも大事な指標となっていたため、12や15という数字が団子の数へ影響を与えるということです。

十五夜のお供えものはなにをする?

十五夜とは
2013年の十五夜はいつ?



応援お願いします!




家事時短テク集
重曹の使い方

この時期に気になる情報

冬のこの時期だからこそできるだけ煩わしくしたくない私が気になる冬の事を紹介しています。

  • 栗の保存方法

    秋の味覚といえばコレといわれるくらい人気の高い食材の「栗」一度にたくさん手に入れた時に保存する方法、なんと家庭でできる美味しさアップの方法も紹介♪

  • 柿の保存方法

    秋を代表する味覚、お酒の二日酔いなんかにも絶大な効果を発揮してくれるという効果も、柿が苦手という人もいらっしゃいますが、嫌いな私でも食べれた柿を紹介しちゃいます。

  • キウイの保存方法

    プチプチ触感のキウイ、保存の仕方に興味を持つまでは旬が秋だとは知らなかったのですが、この美味しい物を見分ける方法があるんです!

  • さつまいもの保存方法

    焼いてよし、スイーツにしてよしのこの時期にはたまらない味覚のさつまいも、芽がすぐ出ちゃうのを防ぐ方法とやってはいけない保存の仕方を紹介しています。

  • 里芋(さといも)の保存方法

    故郷の料理などでたまに食べたくなる食材ですが、日本料理の歴史でも大事なやくわりの里芋(さといも)簡単に皮をむくにはアレを使うと大変便利!

  • 大根の保存方法

    煮たりおろしたりと和食のイメージにぴったりの食材ですね。辛さを出さないために必要なことはなんでしょう?

  • 生姜(しょうが)の保存方法

    寒くなるこの季節に体を暖めてくれる生姜、できれば長持ちさせたいですね。

  • 妊娠超初期症状

    妊娠すると体に様々な変化がでます。そのことを妊娠超初期症状というのですがどんな症状でしょうか?

  • マタニティフォト 福岡

    妊娠をしておなかが大きくなってきたら収めておきたいマタニティフォトを福岡で撮影葛藤しています。

  • 生理痛

    毎月必ずやってくる?生理痛の種類によっては診断が必要かもしれないこと知ってますか?

  • ボディジュエリー 福岡

    福岡で帰省中にボディジュエリーにチャレンジ!一体どうなったのか?

  • お盆

    お盆とはの時にする事ってご存知ですか?実はあまり知られていないお盆にする事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top