7月23日 大暑|二十四節気で最もある大暑とはどんな日?

大暑

二十四節気のひとつで、1年のうちで最も暑さが厳しい頃という意味があります。蝉の声がにぎやかになり、蒸し暑さが増してきます。近年では、ヒートアイランド現象の緩和策として、大暑の日に全国的に「打ち水」のイベントが行われます。

打ち水の効果

打ち水とは、庭や道路に水をまいて土ぼこりを防ぎ、涼を得る江戸時代から伝わる日本人の知恵。打ち水をすると、気化熱により地面の熱が大気中に逃げ、周囲の気温を下げる効果があります。実際に1〜2度下がったことが観測されています。

打ち水には、「清める」意味もあり、ひと昔前は門前に打ち水をして来客を理えるのが心遣いとされていました。

打ち水大作戦

大暑〜処暑の間を「打ち水強化月間」として日時を決め、雨水や残り湯を利用して、いっせいに打ち水をする「打ち水大作戦」が全国各地で行われます。ヒートアイランド現象に対し、打ち水の効果を検証しようという壮大な社会実験として2003年にはじまりました。



応援お願いします!




家事時短テク集
重曹の使い方

この時期に気になる情報

冬のこの時期だからこそできるだけ煩わしくしたくない私が気になる冬の事を紹介しています。

  • 栗の保存方法

    秋の味覚といえばコレといわれるくらい人気の高い食材の「栗」一度にたくさん手に入れた時に保存する方法、なんと家庭でできる美味しさアップの方法も紹介♪

  • 柿の保存方法

    秋を代表する味覚、お酒の二日酔いなんかにも絶大な効果を発揮してくれるという効果も、柿が苦手という人もいらっしゃいますが、嫌いな私でも食べれた柿を紹介しちゃいます。

  • キウイの保存方法

    プチプチ触感のキウイ、保存の仕方に興味を持つまでは旬が秋だとは知らなかったのですが、この美味しい物を見分ける方法があるんです!

  • さつまいもの保存方法

    焼いてよし、スイーツにしてよしのこの時期にはたまらない味覚のさつまいも、芽がすぐ出ちゃうのを防ぐ方法とやってはいけない保存の仕方を紹介しています。

  • 里芋(さといも)の保存方法

    故郷の料理などでたまに食べたくなる食材ですが、日本料理の歴史でも大事なやくわりの里芋(さといも)簡単に皮をむくにはアレを使うと大変便利!

  • 大根の保存方法

    煮たりおろしたりと和食のイメージにぴったりの食材ですね。辛さを出さないために必要なことはなんでしょう?

  • 生姜(しょうが)の保存方法

    寒くなるこの季節に体を暖めてくれる生姜、できれば長持ちさせたいですね。

  • 妊娠超初期症状

    妊娠すると体に様々な変化がでます。そのことを妊娠超初期症状というのですがどんな症状でしょうか?

  • マタニティフォト 福岡

    妊娠をしておなかが大きくなってきたら収めておきたいマタニティフォトを福岡で撮影葛藤しています。

  • 生理痛

    毎月必ずやってくる?生理痛の種類によっては診断が必要かもしれないこと知ってますか?

  • ボディジュエリー 福岡

    福岡で帰省中にボディジュエリーにチャレンジ!一体どうなったのか?

  • お盆

    お盆とはの時にする事ってご存知ですか?実はあまり知られていないお盆にする事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top