冷凍焼けの原因とそれを防ぐ方法はこうしたらいい!

冷凍保存はこうしたらいい

余った食材や下ごしらえをした食材・パンやお肉などを冷凍保存していると思います。

そのままでもすぐに使えば特に気になることはないのですが、中には使うタイミングを失って長く冷凍庫の住人になっている食材も多いはず、そうなる前に冷凍焼けにならないようにするためにはこの様に対策をしておくと効果的な保存が出来ます。

冷凍焼けはなぜ起こる!?

冷凍庫の中に長く食材を入れておくと特にお肉などは焼かれたような色になって調理しても美味しくない…
なんて状態になっていると思います。

そもそもの原因は
フリーズドライ現象
という状態になっているんですね。

これはどんな状態なのかというと水を沸かしていくと沸騰して水分がなくなっていくと思います。
これは熱いからおこる現象なのですが、これと同じ様な状態が冷凍庫の中でも冷たいバージョンで起きているんです。

食材の水分がどんどんと抜けて行きそれが凍って食材の周りに霜の様にくっつくそれの繰り返しが冷凍庫の中で空気に触れている食材で起こっているんです。

冷凍焼けの正体は
冷凍焼けというのは食材が干からびてしまった状態のもの

冷凍焼けを出来るだけ防ぐ方法は?

冷凍焼けの正体を知ることでどのように保存したらいいのか少しだけ見えてきたかと思います。

空気と触れさせなければいい

という事は、そこからできる対策方法としては真空パック状態にするまたは近づけるのが一番手軽で簡単な方法です。

但し食材別・調理状態で冷凍して美味しく頂ける期間は違ってくるので注意して下さい。

食材別の冷凍期間(美味しさ重視)を参考にしてみて下さい。

空気に触れさせないための真空パックの工夫

真空パックを作るために機材が必要と思っている人も多いかもしれませんが、調理の現場などで活用されている方法をマスターすればあなたも比較的簡単に真空パックをできるようになります。

真空パックの仕方

準備するもの
袋(ジップロックなどが使いやすいか)
ボウル(できればそこが深いもの)

では早速やり方なのですが非常に単純なものです。

ジップロックなどの袋の入れ物に食材を入れます。
それをボウルに水を入れたところに袋の下から沈めていきます。

そうすると自然と水圧で空気が抜けてぎりぎりのところまで沈めてふたをする

簡単でしょ!♪

油でいためたものなどを真空パックにしようと考えているのであれば
少し多めに油を入れておくことできれいに真空パックをすることができます。

これは洋食店などで使われる真空パックの技で、こうやって空気の触れない真空パックを作っているんですね。

機材を使って真空を作るお勧めの真空パック機は?

上記の方法でも多くの食材を真空にしてパックすることができますが、もちろん優れた家庭用の真空パック機も続々とメーカーから出ています。

これらを活用するとしたらどういったものがいいのか比較してみました。

専門のページに作ってみましたのでそちらを参考にしてみてください。

zp8497586rq


応援お願いします!




家事時短テク集
重曹の使い方

この時期に気になる情報

冬のこの時期だからこそできるだけ煩わしくしたくない私が気になる冬の事を紹介しています。

  • 栗の保存方法

    秋の味覚といえばコレといわれるくらい人気の高い食材の「栗」一度にたくさん手に入れた時に保存する方法、なんと家庭でできる美味しさアップの方法も紹介♪

  • 柿の保存方法

    秋を代表する味覚、お酒の二日酔いなんかにも絶大な効果を発揮してくれるという効果も、柿が苦手という人もいらっしゃいますが、嫌いな私でも食べれた柿を紹介しちゃいます。

  • キウイの保存方法

    プチプチ触感のキウイ、保存の仕方に興味を持つまでは旬が秋だとは知らなかったのですが、この美味しい物を見分ける方法があるんです!

  • さつまいもの保存方法

    焼いてよし、スイーツにしてよしのこの時期にはたまらない味覚のさつまいも、芽がすぐ出ちゃうのを防ぐ方法とやってはいけない保存の仕方を紹介しています。

  • 里芋(さといも)の保存方法

    故郷の料理などでたまに食べたくなる食材ですが、日本料理の歴史でも大事なやくわりの里芋(さといも)簡単に皮をむくにはアレを使うと大変便利!

  • 大根の保存方法

    煮たりおろしたりと和食のイメージにぴったりの食材ですね。辛さを出さないために必要なことはなんでしょう?

  • 生姜(しょうが)の保存方法

    寒くなるこの季節に体を暖めてくれる生姜、できれば長持ちさせたいですね。

  • 妊娠超初期症状

    妊娠すると体に様々な変化がでます。そのことを妊娠超初期症状というのですがどんな症状でしょうか?

  • マタニティフォト 福岡

    妊娠をしておなかが大きくなってきたら収めておきたいマタニティフォトを福岡で撮影葛藤しています。

  • 生理痛

    毎月必ずやってくる?生理痛の種類によっては診断が必要かもしれないこと知ってますか?

  • ボディジュエリー 福岡

    福岡で帰省中にボディジュエリーにチャレンジ!一体どうなったのか?

  • お盆

    お盆とはの時にする事ってご存知ですか?実はあまり知られていないお盆にする事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top