排卵日はいつ?排卵日を知ることで分かる7つのこと

排卵日から分かるもの
排卵日はいつなの?というのを知ることはじょせいにとってとても重要なことなのです。
排卵日を知ることで下記に掲載する7つのことが分かるといわれています。

妊娠したいと考えている方で排卵日についてより詳しく知りたいという方は、この中から3つを併用することでよりできる限り正確性のある排卵日を知ることができるようです。

①オギノ式
②基礎体温表
③頚管粘液(おりもの)
④排卵日検査薬
⑤排卵痛
⑥排卵出血
⑦排卵チェッカー

ここでは排卵日を知る為にできる上記7つのことの紹介と疑問に思っていることを紹介していきます。

排卵日はいつ?より正確に知るためにできる7つのこと

①オギノ式
排卵日を知る為に現在使われている排卵日チェッカー等のほとんどがこの方式をとっています。海外でも「排卵と受胎日」という題名で広く知れ渡っていますが、最初に広がったのは避妊日の予測として知れわたることになってしまいます。今では排卵日を予測する為に使われていますが、オギノ式がひろがった背景は避妊の為だったのは研究者の荻野久作にとっては不本意だったとされています。

②基礎体温表
より正確に排卵日や生理予定日を知る為に女性にポピュラーなものとして基礎体温を付けるというものがあります。基礎体温を付け始めると分かることがいくつもあるため月経周期が分かるようになるだかではなく、排卵日や、自身の健康管理にもとても役に立ちます。

排卵日に関しては、個人差はあるものの低温期から高温期に変わる境目で体温がとても下がる日があります。基礎体温が大きく下がる日を含めて前後1〜2日の間に排卵が行われる排卵日が訪れるとされています。

排卵日の統計の結果(最低基礎体温)
前日  5%
当日  22%
翌日  40%
翌々日 25%

となっており最低基礎体温の前後で9割以上の人が排卵日になっていることが分かります。

③頚管粘液(おりもの)
排卵日の前に分かる変化としておりものの質に変化が出ます。
排卵日の4〜5日前の変化としておりものに粘性があります。下着やナプキンについたおりものを手に取り7〜10cmくらい伸びるようになります。このような反応が出たら排卵日が近い証拠です、同時におりものの量も増えます、これは排卵をスムーズに行う為の体の反応です。
排卵日のあとは粘性も量も減少していきます。

④排卵日検査薬
妊娠検査薬と違い排卵日検査薬というものがあります。使い方は尿検査の要領でつかうもので予定日が近づくことで上昇するLH濃度の上昇をとらえることで排卵日を予測できます。

検査をはじめて陽性反応が出てから36時間以内に排卵が行われると予測されているもの(陽性反応は2〜3日続くこともある)で、初めて陽性になった翌日が最も妊娠をしやすい時期と言われています。

⑤排卵痛
個人差はあるものの月経と月経の間に腹痛が起こることがあります。
人によってその感じ方に違いがあり

強い痛み 6〜7%
弱い痛み 40%
変化なし 50%

といったように排卵痛を感じる人も比較的多いです。実際には排卵痛を感じてから24時間以内に排卵が起こるとされていて、この痛みは排卵の準備のときにおこる痛みとされています。

⑥排卵出血
排卵出血というのは卵子が卵巣から出るときに生じる毛細血管が傷ついて起こる症状です。
排卵出血は誰でも起こるもの・毎回起こるものという現象ではないため、参考になりづらいものですが、普段の生活との違いがあることから排卵日を予測する現象とされています。

⑦排卵チェッカー
今ではオギノ式というもので簡単に調べることができるようになりました。ただ、これは統計によるものでその平均値を知ることで分かるものです。

排卵日チェッカーとういう専門的なアイテムがありどうしても知りたいという熱心な方は使われているようです。何方かと言えば専門的な排卵日をチェックする物で、排卵日が近づくとエストロゲンというホルモンの分泌量が増えそれに伴って唾液などに含まれるものでシダ状の結晶が確認されるようになります。

これらを確認する為に使える顕微鏡です。

排卵日にしか妊娠はしない?

排卵日を知りたい人にとって知りたいこととして妊娠するには排卵日しかないのか?ということです。

実際には排卵が行われないと妊娠をしないというのが正しい認識です。
このことを理解するには排卵された卵子と受精する為に必要な精子について知ることが一番分かりやすいと思います。

卵子と精子の寿命から学ぶ
排卵されてからの卵子の寿命    24〜36時間
射精されてから膣内での精子の寿命 〜7日程

このことから排卵のタイミングの後に卵子と精子が出会うことで受精卵が生まれきちんと着床をしてから妊娠検査などの反応が出るようになってくると言われています。

妊娠検査薬に関してはこちらを参考に
⇒ 妊娠検査薬はいつから使えるもの?フライングでも使える妊娠検査薬

妊娠超初期症状の関連記事

⇒ 妊娠超初期症状はいつから?どんな症状?妊娠したかも?超初期の症状
⇒ 妊娠超初期症状でのおりものの変化はどんなことが?
⇒ 基礎体温の変化で妊娠超初期症状を知ろう
⇒ 妊娠超初期症状を知ることの重要性|葉酸で先天異常を70%下げられる
⇒ 妊娠検査薬はいつから使えるもの?フライングでも使える妊娠検査薬
⇒ 妊娠超初期症状で現れる【腰痛・腹痛・下痢】等の症状を知る
⇒ 排卵日はいつ?排卵日を知ることで分かる7つのこと
⇒ 着床出血で妊娠検査薬は反応する?いつから検査したらいいの?
⇒ 着床出血が確認されたら気にかけておくべき3つのこと



応援お願いします!




家事時短テク集
重曹の使い方

この時期に気になる情報

冬のこの時期だからこそできるだけ煩わしくしたくない私が気になる冬の事を紹介しています。

  • 栗の保存方法

    秋の味覚といえばコレといわれるくらい人気の高い食材の「栗」一度にたくさん手に入れた時に保存する方法、なんと家庭でできる美味しさアップの方法も紹介♪

  • 柿の保存方法

    秋を代表する味覚、お酒の二日酔いなんかにも絶大な効果を発揮してくれるという効果も、柿が苦手という人もいらっしゃいますが、嫌いな私でも食べれた柿を紹介しちゃいます。

  • キウイの保存方法

    プチプチ触感のキウイ、保存の仕方に興味を持つまでは旬が秋だとは知らなかったのですが、この美味しい物を見分ける方法があるんです!

  • さつまいもの保存方法

    焼いてよし、スイーツにしてよしのこの時期にはたまらない味覚のさつまいも、芽がすぐ出ちゃうのを防ぐ方法とやってはいけない保存の仕方を紹介しています。

  • 里芋(さといも)の保存方法

    故郷の料理などでたまに食べたくなる食材ですが、日本料理の歴史でも大事なやくわりの里芋(さといも)簡単に皮をむくにはアレを使うと大変便利!

  • 大根の保存方法

    煮たりおろしたりと和食のイメージにぴったりの食材ですね。辛さを出さないために必要なことはなんでしょう?

  • 生姜(しょうが)の保存方法

    寒くなるこの季節に体を暖めてくれる生姜、できれば長持ちさせたいですね。

  • 妊娠超初期症状

    妊娠すると体に様々な変化がでます。そのことを妊娠超初期症状というのですがどんな症状でしょうか?

  • マタニティフォト 福岡

    妊娠をしておなかが大きくなってきたら収めておきたいマタニティフォトを福岡で撮影葛藤しています。

  • 生理痛

    毎月必ずやってくる?生理痛の種類によっては診断が必要かもしれないこと知ってますか?

  • ボディジュエリー 福岡

    福岡で帰省中にボディジュエリーにチャレンジ!一体どうなったのか?

  • お盆

    お盆とはの時にする事ってご存知ですか?実はあまり知られていないお盆にする事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top