妊娠超初期症状を知ることの重要性|葉酸で先天異常を70%下げられる

妊娠超初期の症状というのが今注目を集めている最大の理由は早くから妊娠をしていることを理解していることでより早く子育てモードに移ることができるというのが、赤ちゃんにとってとても大事なことに関わってきます。

また研究から葉酸を上手に取り入れることで先天異常を抑える力を高めてくれるということも紹介したいと思います。

ここでは妊娠超初期症状を知ることで赤ちゃんの先天異常を回避しやすくなるというものを記事にまとめてみます。

妊娠超初期症状とは一体どんなことが起こるのかは下記を参考にしてみてください。
⇒ 妊娠超初期症状

先天異常にはどのようなものがある?

先天異常というのはいくつも存在しています。これは下記に研究機関の研究結果を紹介していますのでそちらで確認をすることをお勧めします。

ただ、現在よくいわれる先天異常に関して
ダウン症・水頭症・二分脊椎症・尿道下裂というものが多いと言われています。
しかも研究の毛か1974年〜現在までで先天異常は増え続け冬至の2倍以上に増えているのです。

これ以外にも赤ちゃんにとって良くないと言われていること、身の回りでやりがちなことはいろいろと存在しています。

例えばアルコールやタバコ等もそうですし、普段服用しているお薬も赤ちゃんにとっては悪い影響を与えることがあるため注意が必要なものです。

二分脊椎のリスクを軽くするには、妊娠前からの対策が必要です

上記で紹介した先天異常の中で二分脊椎症というものがあります。これは妊娠の4〜5週の頃に脊髄のもとになる神経管がうまく作られずに本来は一本の脊髄で頭からお尻まで続いているものが二本に別れてしまったまま成長し、その結果神経管障害を起こしてしまうものです。

1万人の赤ちゃんに対して6人がこのような症状に見舞われてしまう現状があります。これは海外では現在減少傾向にあるにもかかわらず日本では過去30年をみても発生頻度に変化がないようです。

先天異常の推移

二分脊椎の発生リスクを抑えることはできないのか?

海外では現在、減少傾向にある二分脊椎症状ですが、これには適度な葉酸をとることでやく70%も軽減されるという結果が出ているようです。

葉酸に気を付けるのは4〜5週目の脊髄形成期だけで良いのか?

形成期はその時期ですが、単純にそのときだけに必要というものではないです、できれば妊娠がわかってからすぐに自分の栄養バランスなどを確認した方が良いのですが、推奨されている物が下記に掲載されています。

結構長い文章なので要点だけまとめてみると、

リスクを低減するための具体的な葉酸摂取量と時期について

1.通常の食事に加え、1日400μg、栄養補助食品(サプリメント)から摂取する
2.妊娠4週前から妊娠12週に摂取する
3.毎日キチンと摂取することが大事

引用元:厚生省保健医療局地域保健からの情報
http://www1.mhlw.go.jp/houdou/1212/h1228-1_18.html

研究機関

子どもの先天異常に関しては下記に研究機関を紹介しています。
⇒ 先天異常モニタリング – 日本産科婦人科学会
⇒ 日本産婦人科医会 先天異常モニタリング(JAOG)

妊娠超初期症状の関連記事

⇒ 妊娠超初期症状はいつから?どんな症状?妊娠したかも?超初期の症状
⇒ 妊娠超初期症状でのおりものの変化はどんなことが?
⇒ 基礎体温の変化で妊娠超初期症状を知ろう
⇒ 妊娠超初期症状を知ることの重要性|葉酸で先天異常を70%下げられる
⇒ 妊娠検査薬はいつから使えるもの?フライングでも使える妊娠検査薬
⇒ 妊娠超初期症状で現れる【腰痛・腹痛・下痢】等の症状を知る
⇒ 排卵日はいつ?排卵日を知ることで分かる7つのこと
⇒ 着床出血で妊娠検査薬は反応する?いつから検査したらいいの?
⇒ 着床出血が確認されたら気にかけておくべき3つのこと



応援お願いします!




家事時短テク集
重曹の使い方

この時期に気になる情報

冬のこの時期だからこそできるだけ煩わしくしたくない私が気になる冬の事を紹介しています。

  • 栗の保存方法

    秋の味覚といえばコレといわれるくらい人気の高い食材の「栗」一度にたくさん手に入れた時に保存する方法、なんと家庭でできる美味しさアップの方法も紹介♪

  • 柿の保存方法

    秋を代表する味覚、お酒の二日酔いなんかにも絶大な効果を発揮してくれるという効果も、柿が苦手という人もいらっしゃいますが、嫌いな私でも食べれた柿を紹介しちゃいます。

  • キウイの保存方法

    プチプチ触感のキウイ、保存の仕方に興味を持つまでは旬が秋だとは知らなかったのですが、この美味しい物を見分ける方法があるんです!

  • さつまいもの保存方法

    焼いてよし、スイーツにしてよしのこの時期にはたまらない味覚のさつまいも、芽がすぐ出ちゃうのを防ぐ方法とやってはいけない保存の仕方を紹介しています。

  • 里芋(さといも)の保存方法

    故郷の料理などでたまに食べたくなる食材ですが、日本料理の歴史でも大事なやくわりの里芋(さといも)簡単に皮をむくにはアレを使うと大変便利!

  • 大根の保存方法

    煮たりおろしたりと和食のイメージにぴったりの食材ですね。辛さを出さないために必要なことはなんでしょう?

  • 生姜(しょうが)の保存方法

    寒くなるこの季節に体を暖めてくれる生姜、できれば長持ちさせたいですね。

  • 妊娠超初期症状

    妊娠すると体に様々な変化がでます。そのことを妊娠超初期症状というのですがどんな症状でしょうか?

  • マタニティフォト 福岡

    妊娠をしておなかが大きくなってきたら収めておきたいマタニティフォトを福岡で撮影葛藤しています。

  • 生理痛

    毎月必ずやってくる?生理痛の種類によっては診断が必要かもしれないこと知ってますか?

  • ボディジュエリー 福岡

    福岡で帰省中にボディジュエリーにチャレンジ!一体どうなったのか?

  • お盆

    お盆とはの時にする事ってご存知ですか?実はあまり知られていないお盆にする事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top