ぎっくり腰の治し方を知ってつらい腰痛を改善しよう

ぎっくり腰とは、重いものを持ち上げた瞬間に腰に激痛が走るような、急性腰痛を指します。

ぎっくり腰になる原因は特定できませんが、症状は腰の捻挫など筋肉を傷めることにより起こることが大半です。

そのため、腰を痛めた直後の急性期には、安静にすることが大事です。
仰向けに寝て両膝を立てましょう。
また横向きに寝て、膝を抱えるように丸くなっているのも、痛みの緩和に効果があります。

ぎっくり腰の場合、急性期に無理に動くことはやめましょう。
また入浴など、腰を温めるのもやめましょう。

腰が炎症を起こしているので、どちらも余計に腰を痛めてしまいます。

ぎっくり腰の対処法ですが、痛みが和らいで来たら、少しずつ体を動かしましょう。
ここで注意することは、絶対に痛みを我慢してまで動かさないということです。

最近、腰痛はじっとしてない方が良いといいますが、程度問題です。
ぎっくり腰の場合は、少しずつ始めましょう。

まず仰向けの状態で、足首を動かし、痛みが強くなかったら、膝から下を動かすようにしましょう。
腰を痛めると、足の筋肉を弱らせてしまい、再びぎっくり腰につながります。

そのため、無理のない範囲で少しずつ腰と足を動かしていきます。

足を動かせるようになったら、今度は4つんばい=ハイハイの姿勢で進んでみましょう。もちろん痛みが強いようであれば、すぐにやめてください。

この程度に動けるようになったら、風呂に入り、腰の血行を良くして、筋肉をほぐしていくと良いです。

続いて、正座をすること、またマットなど少し高さのあるものに座り、両足を伸ばします。片膝を立てるようにします。

これで、太ももの筋肉を鍛えることが出来ます。

ぎっくり腰になり、痛みがあるけど、仕事に行く場合などは、市販のコルセットをするとよいでしょう。また整骨院などでテーピングをしてもらうのも、効果があります。
どちらも、腰の筋肉をサポートする役目があります。

ぎっくり腰の急性期には「無理をしない、少しずつ足や腰に負担をかける」が基本です。



応援お願いします!




家事時短テク集
重曹の使い方

この時期に気になる情報

冬のこの時期だからこそできるだけ煩わしくしたくない私が気になる冬の事を紹介しています。

  • 栗の保存方法

    秋の味覚といえばコレといわれるくらい人気の高い食材の「栗」一度にたくさん手に入れた時に保存する方法、なんと家庭でできる美味しさアップの方法も紹介♪

  • 柿の保存方法

    秋を代表する味覚、お酒の二日酔いなんかにも絶大な効果を発揮してくれるという効果も、柿が苦手という人もいらっしゃいますが、嫌いな私でも食べれた柿を紹介しちゃいます。

  • キウイの保存方法

    プチプチ触感のキウイ、保存の仕方に興味を持つまでは旬が秋だとは知らなかったのですが、この美味しい物を見分ける方法があるんです!

  • さつまいもの保存方法

    焼いてよし、スイーツにしてよしのこの時期にはたまらない味覚のさつまいも、芽がすぐ出ちゃうのを防ぐ方法とやってはいけない保存の仕方を紹介しています。

  • 里芋(さといも)の保存方法

    故郷の料理などでたまに食べたくなる食材ですが、日本料理の歴史でも大事なやくわりの里芋(さといも)簡単に皮をむくにはアレを使うと大変便利!

  • 大根の保存方法

    煮たりおろしたりと和食のイメージにぴったりの食材ですね。辛さを出さないために必要なことはなんでしょう?

  • 生姜(しょうが)の保存方法

    寒くなるこの季節に体を暖めてくれる生姜、できれば長持ちさせたいですね。

  • 妊娠超初期症状

    妊娠すると体に様々な変化がでます。そのことを妊娠超初期症状というのですがどんな症状でしょうか?

  • マタニティフォト 福岡

    妊娠をしておなかが大きくなってきたら収めておきたいマタニティフォトを福岡で撮影葛藤しています。

  • 生理痛

    毎月必ずやってくる?生理痛の種類によっては診断が必要かもしれないこと知ってますか?

  • ボディジュエリー 福岡

    福岡で帰省中にボディジュエリーにチャレンジ!一体どうなったのか?

  • お盆

    お盆とはの時にする事ってご存知ですか?実はあまり知られていないお盆にする事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top