50度洗いホントあなたは知っていますか?50度洗いをすべて教えます!

50℃洗いを知ろう

世間では多くの人が注目している50度洗いという方法テレビや雑誌なんかで注目を集めているようですが、きちんとした洗い方の目安をわかってされている方は意外と少ないようです。

間違った方法を行えば食品をいためるだけではなく、雑菌を増やしてしまう結果にもなってしまうことももちろんありますのできちんとしたやり方を専門家の紹介を元に紹介していきたいと思います。

50度洗いの5つのメリット

鮮度がよくなって保存性があがる

なぜ50度洗いで鮮度が良くなるのか?というところを学んでいきましょう。
植物(野菜・果物)などであれば50度で洗うことで気孔が開き水分の吸収する力が蘇ることでみずみずしさがよみがえってきます。
また食材の劣化を促進させる酸化物が50度で洗うことで減少することが研究で証明されていてその温度で洗うことで保存性も上がってくるということになります。

食材だけではなく花なども50度洗いをしてあげると長持ちするという結果にもなっています。

アクや臭みの原因が消えて「うまみ」が増える

野菜がもともと備えているえぐみや渋み、苦味などの調理の時にアクと呼ばれるものがあります。
50度で洗うとこれらの食材を扱う上での難しい部分が取り除かれてしまうというメリットがあります。

洗い流すことで野菜が本来持っているうま味や香りが引き立って食べる人にとっておいしい状態に近付いてくれるのです。

甘味が増える

最初に書いた内容とかかわってくることなのですが酸化物質が洗い流されることで酸っぱさが取れる方向に食品が向かいます。
さらに50度で洗うことで酵素が活動を促されるため食品の一番おいしい熟すという状態になっていくのです。
このため甘味=おいしいが成り立つ果物などをおいしくいただくことができるのです。

表面についている汚れが落ちやすくなる

これは特に50度洗いだけの特権ではないのですが食品を傷めずに洗いやすい温度という意味ではこれもメリットに入ってくるでしょう。野菜や果物などはどうしてもスーパーなどで購入するものは薬品がかかっているものばかりです。

それらを調理する前に洗うというのは当然なのですが、水よりもお湯で洗うことで薬品や虫も洗い流すことができるんです。

肉や魚は味を乱す酸化物を落とすことができる

肉・魚の生臭さの原因ご存知ですか?
それは油の酸化によって引き起こされているんです、その原因の物質である酸化物を洗い流すことでお肉や魚はふっくら&さっぱりとした食感になりうまみも引き出されておいしくいただけます。

注意点

50度洗いのいいところばかりを紹介していきましたが、注意しておかなければならないこともあります。
それはズバリ温度です。

40度前後くらいでまぁいいかと思って洗っているとかえって雑菌を増やしてしまう結果になるということも念頭に置いておかなければいけません。今後50度スチーム機みたいなのが登場するようになると思いますがそれまでは温度には十分に気をつけて活用していってください。

大まかなメリットはここで紹介してみました。
今後50度洗いをじっせんしていくうえで食材によっては洗う時間が変わって来ますのでそれらを特集していきたいと思います。

50度洗いのために準備するもの

用紙するもの
ボウル(少し大き目のものだと温度が下がりにくい)
温度計(正確な温度が測れるものの方がよい)

お勧めの温度計はこちら

タニタの温度計がかわいくてきちんと温度を測ってくれるため便利ですね。

基本的な手順

1.ボウルにお湯を入れて温度を50度に合わせる
ボウルにお湯を入れて温度計でお湯の温度を測りながら大体50度くらいにします。
※お湯の温度は48~52度の間で行うようにしましょう。

2.洗う食材を入れる
お湯の温度が50度になったら食材を入れていきます。洗う時間はそれぞれ時間が違いますので別ページに設けました適切な時間表を参考にしてみてください。
※少し暑いので菜箸やゴム手袋をつけて作業を行うといいでしょう。

3.お湯から上げて水気を切る
洗い終わったたしっかりと水気を切ってください。

4.食材をすぐに使わないのであれば冷蔵庫で保存する
肉・魚…すぐに付かことをお勧めします。しかしすぐに使わないのであれば水気をしっかり切ってから冷蔵庫に保存しましょう

野菜…すぐに使用しない場合は肉・魚と同じく水気をしっかり切ってから冷蔵庫で保存してください。水気が残っている場合傷みやすくなるので注意が必要です。

50度洗いの洗う時間とコツなどを紹介しています

zp8497586rq


応援お願いします!




家事時短テク集
重曹の使い方

この時期に気になる情報

冬のこの時期だからこそできるだけ煩わしくしたくない私が気になる冬の事を紹介しています。

  • 栗の保存方法

    秋の味覚といえばコレといわれるくらい人気の高い食材の「栗」一度にたくさん手に入れた時に保存する方法、なんと家庭でできる美味しさアップの方法も紹介♪

  • 柿の保存方法

    秋を代表する味覚、お酒の二日酔いなんかにも絶大な効果を発揮してくれるという効果も、柿が苦手という人もいらっしゃいますが、嫌いな私でも食べれた柿を紹介しちゃいます。

  • キウイの保存方法

    プチプチ触感のキウイ、保存の仕方に興味を持つまでは旬が秋だとは知らなかったのですが、この美味しい物を見分ける方法があるんです!

  • さつまいもの保存方法

    焼いてよし、スイーツにしてよしのこの時期にはたまらない味覚のさつまいも、芽がすぐ出ちゃうのを防ぐ方法とやってはいけない保存の仕方を紹介しています。

  • 里芋(さといも)の保存方法

    故郷の料理などでたまに食べたくなる食材ですが、日本料理の歴史でも大事なやくわりの里芋(さといも)簡単に皮をむくにはアレを使うと大変便利!

  • 大根の保存方法

    煮たりおろしたりと和食のイメージにぴったりの食材ですね。辛さを出さないために必要なことはなんでしょう?

  • 生姜(しょうが)の保存方法

    寒くなるこの季節に体を暖めてくれる生姜、できれば長持ちさせたいですね。

  • 妊娠超初期症状

    妊娠すると体に様々な変化がでます。そのことを妊娠超初期症状というのですがどんな症状でしょうか?

  • マタニティフォト 福岡

    妊娠をしておなかが大きくなってきたら収めておきたいマタニティフォトを福岡で撮影葛藤しています。

  • 生理痛

    毎月必ずやってくる?生理痛の種類によっては診断が必要かもしれないこと知ってますか?

  • ボディジュエリー 福岡

    福岡で帰省中にボディジュエリーにチャレンジ!一体どうなったのか?

  • お盆

    お盆とはの時にする事ってご存知ですか?実はあまり知られていないお盆にする事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Top